その野菜は子供が食べても大丈夫!?野菜の残留農薬を除去して安全に野菜を摂る方法

「トマト嫌い」や「ピーマン嫌い」という野菜嫌いな子供は多いですよね。子供に野菜を食べてもらえるよう努力しているお母さんも多いでしょう。

しかし、ちょっと待ってください!その野菜を子供に与えても大丈夫ですか?

もし野菜や果物の残留農薬を除去しないまま、子供に食べさせているのでしたら、それは子供に有害物質を与えているようなものです。

残留農薬は、人間の脳や神経系、呼吸器系などに悪影響を及ぼすといわれています。子供もそうですが、あなた自身の為にも、野菜や果物に付着した農薬は洗い流してから調理するという習慣を始めてみてはいかがでしょうか。

残留農薬を安全に除去する食品専用の洗浄水はこちら

ベジセーフC

日本の野菜は危険!農薬使用量は世界トップクラス!

出典:ベジセーフ

野菜を購入するとき、「国産」にこだわっている方も多いのではないでしょうか。なんとなく「国産」は安全というイメージがありますからね。

しかし、じつは日本の農薬使用量は世界でもトップクラスであり、「日本の野菜は安全」と思っているのは私たち日本人だけなのです。

日本は農薬の使用量が非常に多くて危険だから、日本に旅行する際は、できるだけ日本の野菜は食べないようにしているという外国人もいるほどです。

日本で使用されている農薬は、除草剤として使われるグリホサート系や、殺虫剤として使われるネオニコチノイド系、有機リン系が有名です。このような農薬を残留農薬のある野菜として食べ続けると体内に蓄積され、脳や神経系、呼吸器系などに悪影響を及ぼすといわれています。

症状としては、めまいや吐き気、頭痛、倦怠感、うつ、アトピー、喘息などから、肝機能障害や腎機能障害、不妊症などの危険性まであるとされています。

そのような危険性を避けるために、スーパーで買ってきた野菜や果物は、食品専用の洗浄水を使って残留農薬を洗い流すことが大切です。

残留農薬を安全に除去する食品専用の洗浄水「ベジセーフ」

出典:ベジセーフ

我が家でも使っている食品専用の洗浄水「ベジセーフ」は、0.1%の炭酸カリウムを用いてアルカリ性(pH12)にした99.9%純水のアルカリイオン水です。

炭酸カリウムは、ラーメンの麺に使われる「かんすい」などに使用されている食品添加物で、厚生労働省も認めている指定添加物です。イオン水をアルカリ性に傾ける為に使用されている安全な食品添加物なので安心です。

使い方も簡単。対象の野菜や果物にシュッとスプレーして、軽くもみ洗い、そして洗い流すだけなので、30秒~1分程度で野菜や果物に付着した残留農薬を除去することができます。

ベジセーフの使い方動画(音量注意)

もちろん残留農薬を100%体内に入れないというのは現代社会では難しいことです。だからこそ家庭の料理では、調理前に残留農薬を除去するひと手間が必要だと思うのです。

子供は親が準備した食べ物を食べます。それが健康に良い食べ物なのか、それとも悪い食べ物なのか子供が判断することができないからこそ、食の安全性を徹底するのは親の務めであると言えるのではないでしょうか。

残留農薬を安全に除去する食品専用の洗浄水「ベジセーフ」はこちら

ベジセーフC