玄米の残留農薬が危険!?玄米の効果と本当に安全な玄米の選び方

米偏に白と書いて粕(カス)と読むように、白米はお米の栄養を取り除いた残りカスを食べているようなものですから、白米は玄米が食べられない時に仕方なく食べる程度で、健康志向が高い我が家の主食は常に玄米です。

それほど白米と玄米を比較した時の栄養には違いがあり、さらに玄米はデトックス効果やダイエット効果、美肌効果、便秘解消、老化防止まで期待できるため、健康オタクの私に言わせると、玄米を食べないのは損だ!といっても過言ではありません。

「毎日食べている白米を玄米に変える」

たったこれだけで、たくさんの健康的な効果を得られるのですから、こんなに簡単な健康法はありません。ただし、玄米なら何でも良いというわけではないので、玄米の効果や玄米の選び方について説明します。

玄米はビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富!

白米と玄米を比較した時、ビタミン・ミネラル・食物繊維には数倍の違いがあります。

  白米100gあたり 玄米100gあたり 玄米の栄養比率
(白米比較)
エネルギー 356Kcal 350Kcal 98.3%
たんぱく質 6.1g 6.8g 111.5%
脂質 0.9g 2.7g 300%
炭水化物 77.1g 73.8g 95.7%
灰分 0.4g 1.2g 300%
ナトリウム 1mg 1mg 100%
カリウム 88mg 230mg 261.4%
カルシウム 5mg 9mg 180%
マグネシウム 23mg 110mg 478.3%
リン 94mg 290mg 308.5%
0.8mg 2.1mg 262.5%
亜鉛 1.4mg 1.8mg 128.6%
0.22mg 0.27mg 122.7%
マンガン 0.8mg 2.05mg 256.3%
ビタミンE 0.2mg 0.3mg 150%
ビタミンB1 0.08mg 0.41mg 512.5%
ビタミンB2 0.02mg 0.04mg 200%
ナイアシン 1.2mg 6.3mg 525%
ビタミンB6 0.12mg 0.45mg 375%
葉酸 12μg 27μg 225%
パントテン酸 0.66mg 1.36mg 206.1%
食物繊維(水溶性) - 0.7g  
食物繊維(不溶性) 0.5g 3.0g 600%

上記のように、含まれる栄養は白米より玄米のほうが数倍多く、毎日食べる主食として考えた時、どちらを選択するべきか一目瞭然だと思います。

玄米は完全栄養食とまでは言いませんが、人間の健康に必要な栄養素のほとんどを摂取できるため、玄米を主食として毎日食べていれば、ある栄養素が不足したり、重度な栄養失調に陥るリスクを大幅に軽減できると考えられます。

また、三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)の代謝に関係しているビタミンB群やエネルギー代謝に関係するマグネシウムなどは、ダイエットに欠かせない栄養素ですから、ダイエットを成功させたい人こそ玄米を選ぶべきです。

玄米に含まれるフィチン酸のデトックス効果と抗酸化作用

体内の有害物質を排出するデトックス効果

玄米には、フィチン酸(IP6「イノシトール6リン酸」)という物質が多く含まれ、水銀や鉛といった重金属と結合して、体内の有害物質を排出するデトックス効果があります。

現代の日本人は、食品添加物や農薬を完全に防ぐ事はほぼ不可能なので、玄米のフィチン酸によるデトックス効果は非常に需要だと考えています。

「デトックス」というと、半身浴や岩盤浴、低温サウナ、断食(ファスティング)などを思い浮かべますが、特別な事をしなくても、玄米を食べる事がデトックスにつながるという手軽さ、そして、毎日の主食だから続けやすく、体内の有害物質を毎日排出できるのも玄米の魅力です。

抗酸化作用による老化防止と病気予防

老化の原因の1つには「酸化」があり、アンチエイジングに興味がある人なら「抗酸化作用」にも興味があると思います。玄米に含まれるフィチン酸には抗酸化作用があると判明しているため、「玄米食=老化防止」といっても過言ではありません。

また、抗酸化作用というと、肌のシミ・シワ、白髪や抜け毛など外見の老化防止と思われるかもしれませんが、実は外見よりも体内の臓器や細胞の酸化を抑制できる事が大きいのです。

臓器や細胞の酸化を抑制する事によって、活性酸素が関わる病気のリスクを軽減できると考えられています。

活性酸素が関わる病気には、血管の老化、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞などの血管系疾患、ガン、糖尿病(白内障)、肝炎、腎炎、胃潰瘍、腸管潰瘍、性欲減退などの内科系疾患、そのほかにも膠原病、パーキンソン病、ベーチェット病、川崎病、関節リウマチ、レイノー病など特殊な病気まであります。

もちろん玄米を食べていれば病気にならないというわけではありません。

ただ、私の父は悪性黒色腫という皮膚ガンが原因で亡くなったため、遺伝的に心配するところがあったのですが、毎日の主食で玄米を食べるようになって「玄米がガンのリスクを軽減してくれてる!」と思うと、気分的に安心できる部分があります。

本当に安全な玄米の選び方

まずはじめに、精米しない玄米は白米より農薬や化学肥料の影響を受けやすいため、「無農薬」や「無化学肥料」が望ましく、「減農薬」や「減化学肥料」など、農薬や化学肥料が微量でも使われている玄米は論外です。

スーパーで販売されている真空パックの玄米や精米を前提に販売されている米穀店の玄米などは農薬や化学肥料が使用されていますから、そういう玄米を「健康に良い!」と思って食べていても、逆に不健康だったりするわけです。

ですから、玄米を食べるなら本当に安全な玄米を選ぶ必要があるのです。

有機栽培表示や有機JASマークがあっても安全とは限らない!

有機JASマークは、太陽と雲と植物をイメージしたマークです。農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表しており、農産物、加工食品、飼料及び畜産物に付けられています。

「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。引用元:農林水産省/有機食品の検査認証制度

「有機JASマーク」がある玄米は「農薬や化学肥料などの化学物質に頼らない」、「有機栽培」や「オーガニック農法」で作られた玄米だと農林水産省は仰っているわけですが、実は化学物質ではない農薬や無機肥料の使用は認めているのです。

有機肥料の他に様々な無機肥料が認められる。それらは、草木灰、炭酸カルシウム(苦土炭酸カルシウムを含む。)、塩化加里、硫酸加里、硫酸加里苦土、天然りん鉱石、硫酸苦土、水酸化苦土、石こう、硫黄、生石灰(苦土生石灰を含む。)、消石灰、微量要素(マンガン、ほう素、鉄、銅、亜鉛、モリブデン及び塩素)、岩石を粉砕したもの、塩基性スラグ、鉱さいけい酸質肥料、よう成りん肥、塩化ナトリウム、リン酸アルミニウムカルシウム、塩化カルシウム、などであり、有機肥料しか有機農業に用いられていないということは誤解である。

使用可能な農薬は、除虫菊乳剤及びピレトリン乳剤、なたね油乳剤、マシン油エアゾル、マシン油乳剤、大豆レシチン・マシン油乳デンプン水和剤、脂肪酸グリセリド乳剤、メタアルデヒド粒剤、硫黄くん煙剤、硫黄粉剤、硫黄・銅水和剤、水和硫黄剤、硫黄・大豆レシチン水和剤、石灰硫黄合剤、シイタケ菌糸体抽出物液剤、炭酸水素ナトリウム水溶剤及び重曹、炭酸水素ナトリウム・銅水和剤、銅水和剤、銅粉剤、硫酸銅、生石灰、天敵等生物農薬、性フェロモン剤、クロレラ抽出物液剤、混合生薬抽出物液剤、ワックス水和剤、展着剤、二酸化炭素剤、ケイソウ土粉剤、食酢の30種類である。引用元:有機農業 - Wikipedia

先程、「減農薬」や「減化学肥料」は論外、「無農薬」や「無化学肥料」が望ましいと言いましたが、有機JAS規格に準ずる「無農薬」や「無化学肥料」では安全とは言い切れないのです。

私は農林水産省が決めた有機JAS規格には興味はなく、本当に良識のある生産者が作る「完全無農薬」や「完全無化学肥料」の玄米にしか興味はありません。

「完全無農薬」の玄米でも「残留農薬」の危険性がある

良識のある生産者が作った「完全無農薬」の玄米でも「残留農薬」の危険性が考えられます。

「完全無農薬なのに残留農薬?」と思われるかもしれませんが、他の生産者が散布した農薬が隣の田畑から飛散する危険性があり、農用地の土壌汚染を良識のある生産者だけで回避するのは難しいのです。

「完全無農薬」で作った玄米だからこそ、残留農薬検査を行わずにそのまま販売されることも珍しくありません。農薬に関しての問題は「使用した農薬の量」や「農薬使用の有無」ではなく、残留農薬検査が行われた残留農薬ゼロの玄米を選ばなくてはいけません。

「有機栽培表示」や「有機JASマーク」であっても無農薬だとは限らない、「完全無農薬」であっても残留農薬ゼロとは限らないため、毎年、残留農薬検査が行われ、残留農薬ゼロだと証明された玄米こそ、本当に安全な玄米だと言えるでしょう。

残留農薬ゼロ「感動の米コシヒカリ玄米」

これまで数十種類の玄米を食べてきた結果、最終的に我が家で食べ続けているのは、こちらのマイセンの「感動の米コシヒカリ玄米」です。

マイセンの「感動の米コシヒカリ玄米」は殺虫殺菌剤や殺そ剤などの農薬は使用せず、化学肥料も一切使用しない、自然乾燥、残留農薬検査だけでなく放射性物質検査も行われ、残留農薬ゼロ、放射性物質ゼロの安全な玄米なのです。

「有機栽培」や「無農薬」を謳いながら、有機JAS規格で認められた農薬や肥料を多用する生産者や販売業者が多く、最近では安全な玄米を探しづらい状況ですが、本当に安全な玄米は残留農薬ゼロ、放射性物質ゼロの「感動の米コシヒカリ玄米」だと思っています。

毎日食べる玄米ですから、「無農薬」や「有機栽培」、「オーガニック」など、それらしい文句に騙される事なく、本当に安全な玄米を食べ続けたいですね。

※追記
普段、白ご飯を食べている人がいきなり玄米ご飯を食べ始めると、味や食感で食べにくさを感じるかもしれません。はじめは白米と玄米を発芽させた「発芽米」を白米2:発芽米1ぐらいの割合で食べてみると良いでしょう。

こちらの安全管理が徹底されている発芽米がおすすめです。

2016/08/25