健康法

更年期障害の症状!?「イライラ」や「眠気」を感じたら始めたい更年期障害のサプリメント

更年期障害の症状!?「イライラ」や「眠気」を感じたら始めたい更年期障害のサプリメント

「更年期」とは女性の閉経の前後5年ずつの約10年間のことで、その約10年間、心身にさまざまな症状が現れることを「更年期障害」といいます。

スポンサーリンク

閉経の平均年齢はおよそ50歳といわれていますから、45~55歳の女性で「イライラ」や「眠気」などを感じ始めたら更年期障害の可能性があるとして、心身ともに更年期障害と向き合っていくべきでしょう。

更年期障害とは?

45~55歳という更年期は誰にでも訪れますが、すべての女性に更年期障害の症状が現れるわけではありませんし、その症状にも個人差があります。

ただ、さまざまな症状に対して、更年期障害という自覚がなければ、QOL(生活の質)は著しく低下してしまい、家族に相談することも理解されることもなく、心の症状を悪化させてしまうため、更年期障害を自覚し、家族の協力のもと家族と一緒に乗り切るのが大切です。

更年期障害の原因

参考:第一三共ヘルスケア

更年期障害の原因は体内のホルモンバランスが崩れるからです。

女性ホルモンの分泌量は加齢によって変化し、「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌量は40歳半ばから50歳半ばにかけて急激に減少します。そのため、体内のホルモンバランスが崩れ、更年期障害の症状が現れるようになります。

更年期障害の症状

更年期障害の症状は「身体的な症状」と「精神的な症状」があります。

身体的な症状

身体的な症状で最も特徴的なのは、体がほてる、顔がのぼせるという「ホットフラッシュ」と呼ばれる症状で、顔から汗が止まらないというのも特徴です。

その他にも次のような症状が現れることがあります。

めまい / 耳鳴り / ふらつき / 頭痛 / 冷え / 頻尿 / 尿漏れ / 抜け毛 / 薄毛 / 肥満 / 倦怠感 / 疲労感 / 手足のしびれなど。

精神的な症状

45歳~55歳という年齢を考えると、子供の受験や就職、独立、親の介護などを含めた環境の変化が多くなる時期です。それに伴い、精神的な症状が現れることがあります。

イライラ / うつ / 不安感 / 意欲低下 / 集中力低下 / 睡眠障害(不眠・眠気)など。

更年期障害の治療

更年期障害の治療は婦人科や更年期専門外来で行え、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンを補充するホルモン補充療法や、ホルモン補充療法が行えない人は漢方療法が一般的です。

ただ、「エストロゲン」と「プロゲステロン」を併用することにより、「乳がん」や「子宮体がん」の発症リスクが下がったとはいえ、そのような副作用の危険性がゼロではないため、更年期障害の症状が軽いのであれば、まずはセルフケアで様子を見たほうが良いでしょう。

更年期障害のセルフケア

更年期障害のセルフケアは、主に「食事」、「運動」、「サプリメント」です。

食事

大豆製品に含まれる「イソフラボン」は、加齢とともに減少する女性ホルモン「エストロゲン」と似た作用があるため、更年期障害の症状を緩和する働きがあるとされています。

ただし、イソフラボンには過剰症があるため摂り過ぎのも良くありません。食品安全委員会が推奨しているイソフラボンの1日の摂取量は75mgですから、お味噌汁や納豆、豆腐という和食中心の食事を心がけていれば極端に不足することはありません。

運動

日本生活習慣病予防協会の記事によると、ウォーキングには更年期障害の症状を緩和する効果があるとされています。

ウォーキングなどの運動を続けることでホットフラッシュを改善できることが、英国のリバプール ジョン ムアーズ大学の研究で明らかになった。

研究には平均年齢51歳の閉経を迎えた女性21人が参加した。研究チームは参加者を無作為に2つのクループに分け、14人にはジムでの運動プログラムを4ヵ月間続けてもらい、残りは対照群として通常通りの生活を続けてもらった。

運動を続けたグループは、トレッドミルによるウォーキングに加え、エアロバイクによる自転車漕ぎ、ボート漕ぎ、上半身と下半身を使うクロストレーニングなどに取り組んだ。

運動の強度は、話しながら続けられ、息が弾み発汗し、血流が増加する程度に調整した。1回30分の運動を週に3回行うことからはじめ、徐々に回数を増やして最終的に週に5回、1回45分に運動量を増やしていった。

その結果、運動に取り組んだ女性は、血圧と脳内血流が低下し、ホットフラッシュが改善したことが明らかになった。引用:日本生活習慣病予防協会

「1回30分の運動を週に3回行うことからはじめ~」とあるように、激しい運動ではなく適度な運動を心がけ、普段、車や自転車を使っている人ならウォーキングとして徒歩で買い物に行ったり、散歩を習慣にする程度でも症状の緩和に期待できます。

サプリメント

更年期障害のセルフケアとして、食事と運動に加え、サプリメントを取り入れる方も多く、特にプラセンタ配合のサプリメントが人気です。

例えば、「マカ・プラセンタ」というサプリメントは、女性ホルモンを整える働きがあるとされるマカと、疲労回復や生理不順などに効果があるとされるプラセンタで作られたサプリメントで症状の緩和に期待できます。

更年期障害のサプリメントが全ての人に効果的とはいえませんが、10年間という更年期障害の期間を考えると、QOL(生活の質)を保つ為に、少しでも症状の緩和につながるのであれば、サプリメントを検討してみる価値は十分あるでしょう。

マカ・プラセンタ
マカ・プラセンタの公式サイトはこちら

まとめ

更年期障害は家族に相談できなかったり、家族に理解してもらえず、1人で悩んでしまうのは精神的症状を悪化させてしまう恐れがあります。旦那さんと話し合い、家族全員で更年期障害を理解してもらうのは大切なことだと思います。

また、あなたが男性なら、男性は女性特有の悩みに鈍感な部分があるため、あなたの奥さんが45~55歳という年齢なら更年期障害の可能性を疑って下さい。家事を手伝ったり、コミュニケーションを増やしたり、奥さんの体調を気遣いながら家族全員で協力して更年期障害を乗り切りましょう。

スポンサーリンク

-健康法

人気記事

1
酵素ドリンクを取り入れた半日ファスティングのやり方は?半日ファスティングで痩せる方法

私はこれまでに、3日間ファスティングは30回以上、1日ファスティングは10回程度 ...

2
酵素とは何か?簡単にわかりやすく説明

酵素は体の代謝に大きく関係していて、酵素が不足してしまうと代謝が悪くなり、免疫力 ...

3
子供の身長を伸ばすには食事が大切!必要な栄養素はサプリメントで補いましょう!

身長は高いほうが有利なことが多く、スポーツ選手やモデルという職業の選択肢が増えま ...