健康法

「まごわやさしい」とは?

2017/08/05

「まごわやさしい」とは?

安全な「まごわやさしい」で栄養重視の食事を最優先、味は二の次で良いと思っています。

味覚を感じる舌の表面にある味蕾(みらい)や「美味しい」という事を覚えている脳の判断に従っていては、食事による健康管理は全く出来ません。危険な化学調味料によって「美味しい」と感じるのは容易なことであり、現代の日本ではそういった食品ばかりだからです。

脳の判断に従って食べたい物を食べるのは簡単なことですが、健康を考え「まごわやさしい」で栄養バランスの取れた食事を心掛けています。

スポンサーリンク

「孫は(わ)優しい」で覚える「まごわやさしい」

身体に必要な栄養素や栄養価が高い食品の頭文字をとって覚えやすく言いあらわしたものが「まごわやさしい」です。毎日、「まごわやさしい」を含むそれぞれの食品を必ず1品は摂るように意識することで栄養バランスの偏りを防げます。

参照:健康お役立ち情報 Meron

私なりの「まごわやさしい」の摂り方を簡単にご紹介します。
主食にはビタミンB群やマグネシウムなどが豊富に含まれる玄米を食べています。

「ま」 (豆) まめ類

「豆」は大豆製品から摂ることが多く、豆腐を使った料理を意識したり、スムージーには枝豆を加えたり、納豆は毎日必ず1パック食べるように心がけています。また、汁物はスープよりも味噌汁にすることで味噌として発酵した大豆を摂り易くなります。

「ご」 (ごま) 種実類

「ごま」などの種実類は和え物から摂ることが多く、ほうれん草の胡麻和え、小松菜の胡麻和え、インゲンの胡麻和えなどは毎日食べたい一品です。また、アーモンドやカシューナッツ、ピスタチオ、クルミなどのナッツ類から摂ることも多く、特にクルミにはオメガ3脂肪酸が多く含まれているので積極的に食べるようにしています。

「わ」 (わかめ) 海藻類

「わかめ」などの海藻類は「海藻サラダ」を多用しています。味噌汁は海藻類を入れやすいのですが、入れる具材に困った日は海藻サラダ(乾燥)を入れて海藻多めの味噌汁を作ったり、海藻サラダ(塩蔵)は、タマネギやレタスなどを加えて、オメガ3脂肪酸が含まれる亜麻仁油とドレッシングをかけてサラダとして食べています。

水溶性食物繊維の必要量を考えれば、海藻サラダ(塩蔵)を1日に3パックは食べたいところですが、毎日1、2パック食べていれば極端な食物繊維不足に陥ることはありません。また、ひじきの煮物やもずく酢などから、海藻サラダだけでは補えないビタミン・ミネラルを摂ることも意識しています。

「や」 (野菜) 緑黄色野菜・淡色野菜

「野菜」は1日に350g(1/3量は緑黄色野菜、2/3量は淡色野菜)が目安だと言われています。

ケールや小松菜、ほうれん草、ニンジン、ブロッコリーなどは、スムージーで摂りやすい緑黄色野菜なので、枝豆と果物を加えてスムージーで摂ることが多いです。また、抗酸化作用があるビタミンCやビタミンEを含むカボチャは積極的に摂りたい緑黄色野菜です。

淡色野菜の中でも特に摂りたいのはタマネギとキャベツです。タマネギには善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)のエサとなる「オリゴ糖」が多く含まれるので腸内環境を整える為に毎日摂りたい野菜の1つです。また、カボチャ以上の抗酸化作用を持つキャベツは毎食でも食べたい淡色野菜です。

タマネギやキャベツはサラダとして食べることが多いのですが、ドレッシングだけでなく、亜麻仁油もかけて食べることで不足しがちなオメガ3脂肪酸を摂取しています。

「さ」 (魚) 青背の魚

「魚」はDHAやEPAという良質な油を含む青背の魚(イワシ・サバ・サンマ)やアスタキサンチンが豊富な鮭から動物性タンパク質を摂ることが多いです。ただ、魚の脂肪は酸化しやすいため、魚の鮮度には細心の注意を払っています。

また、タコやイカにはアミノ酸の一種「タウリン」が豊富に含まれていて、血中のコレステロールを減らし、血液をサラサラにする働きがあります。刺身や寿司ではタコ・イカを積極的に食べるようにしています。

「し」 (しいたけ) きのこ類・菌類

「しいたけ」はビタミンDが豊富に含まれカルシウムの吸収や歯や骨への沈着を助けます。しいたけ以外にも、えのき、しめじ、なめこ、えりんぎ、まいたけなどには食物繊維が豊富に含まれているので、海藻や野菜だけでは足りない食物繊維を補えます。

また、きのこ類に含まれる不溶性食物繊維「キノコキトサン」は、内臓脂肪を落ちやすくしたり、脂肪の吸収を抑える働きがあります。さらに、まいたけに含まれる「MXフラクション」は血中コレステロールや中性脂肪の減少、「MDフラクション」は免疫活性化も期待できます。

きのこ類は様々な料理に使うことが出来ますが、きのこの炊き込みごはんや味噌汁の具材として手っ取り早く食べることが多く、冬は鍋料理の具材として多めに食べています。

「い」 (いも) いも類

「いも」は糖質を多く含む事やGI値の高さから敬遠されるダイエッターも多いのですが、ジャガイモ、さつまいも、里芋、山芋などを適度に食べる分には食物繊維摂取の手助けになったり、腸内環境を整えたり、身体を温める効果が期待できます。

「和食」の「一汁三菜」で効率よく摂る

「まごわやさしい」を効率よく摂るには、チャーハンやカレーライス、麺類や丼物という主食単品料理よりも和食の一汁三菜が摂りやすいです。

一汁三菜とは、主食と汁物、おかず3品(主菜1品、副菜2品)で構成される献立です。

単品料理で「まごわやさしい」を摂るのは難しいので、まめ類と海藻類が摂れるから「味噌汁」とか、種実類と野菜が摂れるから「ほうれん草の胡麻和え」のように、一石二鳥的な感じで、できるだけ和食の一汁三菜を食べるようにしています。

「主食」 炭水化物(糖質+食物繊維)を摂る

「主食」は炭水化物(糖質+食物繊維)になりますが、自宅での食事は玄米を食べるようにしています。玄米を食べることによって、白米以上のビタミン、ミネラル、食物繊維を摂れるからです。

玄米は普通の白米に比べ、糖代謝に欠かせないビタミンB1やマグネシウムが豊富ですし、脂質代謝に関わるビタミンB2も多く含まれています。また、白米よりもGI値が低いため、白米よりも太りにくく、栄養的にも優れているので長年食べ続けています。

また、玄米には肝臓や腎臓の働きを高め、中性脂肪やコレステロールを抑制する効果があるGABA(ギャバ)という神経伝達物質も多く含まれていますから、たまにパンやパスタを食べる事はあっても、毎日食べる主食と考えた時には玄米しか考えられません。

ちなみに我が家では残留農薬ゼロの玄米を食べています。

「主菜」 魚類や大豆製品からタンパク質を摂る

「主菜」はタンパク質を摂るもの、そして、一品の「主菜」だけでタンパク質を摂るという意識が必要です。

例えば、肉料理+魚料理というダブル主菜だった場合、両方から動物性タンパク質を摂取できるため、当然、タンパク質の過剰摂取になる可能性が高いです。ですから、料理のメインとなる主菜は良質なタンパク質が取れる一品が望ましいです。

そして、タンパク質というと肉料理を思い浮かべる人も多いと思いますが、肉料理はタンパク質は摂れても、「まごわやさしい」を摂ることは出来ません。言い換えるなら、タンパク質しか取れない肉料理で満腹感を得るのは勿体無いのです。

「肉食」については、また別の機会にお話したいと思いますが、同じアミノ酸スコアを摂るなら、「まごわやさしい」の魚類やまめ類(大豆製品)、また、DHAやEPAという太りにくい良質な油(オメガ3脂肪酸)を同時に摂れる青背の魚からタンパク質を摂ったほうが健康やダイエットに良い影響を与えてくれるのは当然ですね。

「副菜」 ビタミン、ミネラル、食物繊維を摂る

「副菜」はビタミン、ミネラル、食物繊維を摂れるように、野菜、豆類、海藻類、きのこ類、いも類を使った料理を食べます。

ただ、副菜は料理の脇役というか、メイン料理ではないため、主菜に比べると、あまり必要性を感じられず、手抜きしたくなる部分だと思います。しかし、手抜きしたくなる部分だからこそ、ビタミン、ミネラル、食物繊維が不足してしまう危険性があります。

例えば、「主食」を白米から玄米に変えることは難しくありませんし、「主菜」を肉類から魚類や大豆製品に変えることも簡単に出来ます。しかし、「副菜」だけは簡単に変えられないどころか、逆に難しくなる部分ですし、「副菜」でビタミン、ミネラル、食物繊維が摂れているのか否かは大きな違いになります。

「副菜」は調理も面倒で地味ですけど、「副菜」無しでは「まごわやさしい」は摂れませんので、毎日頑張ってます。

「汁物」 水分と不足しがちな栄養を補う

「汁物」は水分と不足しがちな栄養を補えるように、お吸い物やスープよりも味噌汁を選んでいます。

味噌は大豆を主な原料として、大豆に麹(こうじ)と塩を混ぜ合わせ、発酵・熟成させたものですから、大豆を発酵させる過程で大豆に含まれるタンパク質がアミノ酸などに分解され、消化されやすくなります。

味噌汁にはレシチンなどの成分になるコリン、抗酸化作用があるサポニン、女性のホルモンバランスを整えるイソフラボンなどが含まれており、具材によってビタミン、ミネラル、食物繊維など、「副菜」だけでは不足しがちな栄養素を簡単に補えます。

このように味噌汁には毎食摂りたい栄養成分が豊富に含まれているわけですが、1つだけ、注意しなければいけないのは塩分です。

塩分の摂り過ぎは高血圧症や腎臓疾患、胃がんなど病気のリスクが高まりますし、食欲の増加やむくみ、代謝の低下というダイエット面でも悪影響を及ぼしますので減塩を意識するのは大切です。

不健康な食べ物や太りやすい食べ物を食べなくなる

「まごわやさしい」、「和食」、「一汁三菜」という3つのキーワードを意識した食生活を送るだけで、不健康な食べ物や太りやすい食べ物を食べなくなります。

ジャンクフードや栄養価が低い食べ物で空腹感を満たしてしまうと、満腹感から「一汁三菜」のような食事が摂れなくなります。逆に「まごわやさしい」を最優先に意識した食生活だとジャンクフードや栄養価が低い食べ物を避けるようになります。

これは食べられる量には限界があるからこそ、物理的に不健康な食べ物や太りやすい食べ物を食べられなくなるわけですが、意識改革というか、精神的にも身体に良い食べ物を好み、身体に悪い食べ物が苦手になるため、健康やダイエットに適した食生活を無理なく送れるようになります。

スポンサーリンク

-健康法

人気記事

1
酵素ドリンクを取り入れた半日ファスティングのやり方は?半日ファスティングで痩せる方法

私はこれまでに、3日間ファスティングは30回以上、1日ファスティングは10回程度 ...

2
酵素とは何か?簡単にわかりやすく説明

酵素は体の代謝に大きく関係していて、酵素が不足してしまうと代謝が悪くなり、免疫力 ...

3
子供の身長を伸ばすには食事が大切!必要な栄養素はサプリメントで補いましょう!

身長は高いほうが有利なことが多く、スポーツ選手やモデルという職業の選択肢が増えま ...