ベジタリアン 健康法

私が肉食をやめてベジタリアンになった理由

2016/07/19

私が肉食をやめてベジタリアンになった理由

私は牛肉、豚肉、鶏肉、その他動物の肉は一切食べないが、魚介類や卵、乳製品は食べるというベジタリアンです。正確には「ペスクタリアン」なのですが、初対面の人に理解して頂けるようにベジタリアンだと説明しています。

初対面の人に「私はベジタリアンです」というと、決まっていくつかの質問が返ってきます。「子供の頃から肉は食べなかったの?」、「肉を食べないと栄養が偏るんじゃないの?」、「健康の為にやってるの?」、「何かの宗教?」などの質問が多いです。

口頭で説明するのは難しいので、そういう質問には「動物が好きなんです。気にしないで下さい。」のように軽く答えるようにしていますが、本当は自分の健康の為にベジタリアンを続けています。そういう私が肉食をやめてベジタリアンになった理由についてです。

Sponsored Links

人間の体のつくりは草食動物に近いため肉を消化できない

動物は肉食か草食かに大別できますが、人間の体のつくりは草食動物に近いと言われています。穀物や草を消化することを前提とした体のつくりですから、人間は肉を消化できないため体に大きな負担をかけてしまいます。

人間や草食動物には臼歯がありますが、肉食動物にはありません。食べ物を咀嚼して細かくしながら食べるのも肉食動物には見られない。人間と草食動物だけです。

歯や顎、咀嚼、飲み込み方だけでなく、唾液にも違いがあります。肉食動物の唾液には消化酵素は含まれていませんが、人間の唾液にはアミラーゼなどの炭水化物分解酵素が含まれています。

また、人間の胃液は肉食動物のように胃酸の濃度が高くありませんから、消化不良を起こしたまま腸内に停滞、そこで食した肉が腐り始めます。その腐敗した肉の毒素は腸壁から体内に吸収され、血液によって毒素が全身を巡ります。

その代謝の過程でアミンやフェノール、インドール、アンモニアなどの有害物質を発生させ、脳神経疾患、悪性腫瘍、高尿酸血症、痛風などの危険性があると言われています。また、病気にならなくても肝臓や腎臓に大きな負担をかけているのは間違いありません。

さらに、腐敗した肉そのものが大腸ガンのリスクを高めてしまいます。それは人間や草食動物の腸の長さは肉食動物の4、5倍も長いため、その分、腐敗した肉が大腸に留まり、腸管壁との接触時間が長くなり大腸ガンのリスクを高めるというものです。

そういう理由から「人間の体は肉食に向いていない」という1つの結論に至るわけです。

栄養は?タンパク質は?

人間にとってタンパク質は必要不可欠な栄養素ですし、鶏肉、豚肉はアミノ酸スコア100点、牛肉もスコア92点なので良質なタンパク源だと言えます。

しかし、良質なタンパク源を食べれば良質なタンパク質が摂れるとは限りません。

タンパク質を体内に取り込む為には消化吸収によってアミノ酸まで分解する必要がありますが、前述したように人間の体は上手に肉を消化できないため、肉からの栄養補給、タンパク質摂取は非効率的です。

本当に栄養やタンパク質のことを考えるなら魚介類や大豆製品からの摂取が望ましく、仮に魚介類や大豆製品から摂れなくても、複数の野菜や果物を食べる事によって、1つでは必須アミノ酸の充足率が欠けていてもそれぞれの食品が補い合ってアミノ酸スコア100点の食事になります。

ですから、肉食をやめてベジタリアンになる事は栄養が偏ったり、タンパク質不足になるという直接的な原因にはなりません。「肉を食べないとタンパク質が摂れない」とか「肉を食べないと元気が出ない」、「肉を食べないからスタミナが無い」というのは迷信です。

私のベジタリアンとしてのスタイル

元々、私はお肉が大好きで、ステーキやハンバーグ、豚の生姜焼きや鶏の唐揚げ、照り焼きチキン、牛丼、カツ丼、親子丼という料理をはじめ、焼き鳥を食べながらお酒を飲んだり、すき焼きやバーベキューなど肉料理を囲みながら友人と楽しくお酒を飲むのが大好きでした。

しかし、肉食は様々な病気のリスクを高め、お肉だけにしかない特別な栄養も無いため、お肉は食べる必要性がない、むしろ百害あって一利なしだと気付いてからお肉は一切食べていません。

30歳でたくさんの大好物を捨てて、健康の為に肉食をやめる決断をした当時の自分は本当に凄いなと今でも思います。

ただ、肉食をやめた直後は大変でした。

それまで動物の死骸を焼いたり煮たり料理して「美味い!」と言いながら食べていた自分自身を気持ち悪く感じたり、グルメ番組などで肉を食べている映像が流れたらチャンネルを変えたり、肉を食べる家族や友人にさえも嫌悪感を持っていましたし、お肉を食べてしまった夢を見て後悔しながら目覚めた事も数回あります。

当時の私にはそれほど余裕が無かったのだと思います。

しかし、最近はそんな事を全く考えません。

自分は自分、他人は他人という事で、自分の思想を押し付けて物事を考える必要はないと気付いてから、家族や友人がお肉を食べていても気になりませんし、グルメ番組も楽しく見ることが出来ます。

私はベジタリアンを自分から他人に薦めることはしませんが、肉食をやめて体調が良くなったことは事実ですので、ベジタリアンに興味を持った人にアドバイスできるような存在を目指しています。それが私のベジタリアンとしてのスタイルです。

Sponsored Links

-ベジタリアン, 健康法

人気記事

1
酵素ドリンクを取り入れた半日ファスティングのやり方は?半日ファスティングで痩せる方法

私はこれまでに、3日間ファスティングは30回以上、1日ファスティングは10回程度 ...

2
酵素とは何か?簡単にわかりやすく説明

酵素は体の代謝に大きく関係していて、酵素が不足してしまうと代謝が悪くなり、免疫力 ...

3
3日で痩せる!3日断食(ファスティング)ダイエットの簡単なやり方

断食(ファスティング)には様々な健康効果があり、私はこれまでに、3日断食は30回 ...